スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小向美奈故容疑者の逃亡劇はいつまで続くのか?

 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が出ているタレントの小向美奈子容疑者の姿がついにキャッチされた。

逃亡先であるフィリピンの首都マニラ市内でテレビ朝日の現地記者が直撃するVTRが11日、同局のニュース番組で放送された。
 「同局による小向容疑者が潜伏していたのは邦人居住者が多くいる『リトルトウキョウ』からほど近い、マニラ市内のマカティ地区。一緒にいた20代後半ぐらいとみられる男性は恋人か仕事関係の人間か不明だったが、カメラからしっかり小向容疑者をガード。最後は慣れた様子でタクシーを拾って2人で乗り込み記者の前から姿を消したが、あの男性が現地であれこれ面倒をみているのは間違いない」(芸能記者)
 小向容疑者はかなりふっくらとした感じで、サングラスをかけ、顔を隠し、服装は胸元の大きく開いたゼブラ模様のミニスカワンピース。同局記者の直撃に一瞬だけ驚いた様子をみせたが、記者の質問に終始薄笑いを浮かべながら終始無言。逮捕状が出ていることを深く受け止めている様子ではなかった。

 これまでの小向容疑者の足取りについて報道をまとめると、1月21日に出国し観光ビザによるフィリピン滞在期間は11日で切れたが、逮捕状が出ていることが明らかになった8日にマニラの入館管理所で延長申請が認められ、最長3月21日まで滞在可能となっている。2月4日からはマニラ市内の高級ホテルに6泊の予定で滞在。10日に予定通りチェックアウトし、ここでも男性と一緒だったが、部屋は別々。その男性と、お好み焼き店に来店するなど、潜伏とはほど遠くすっかり現地での逃亡生活を満喫しているが、いつまで逃げるつもりなのか?

 「フィリピンは完全に治外法権で小向容疑者のみならず、日本から数多くの犯罪者が逃げ込んでいる。マニラでは今回のように直撃される恐れがあるが、少し離れたところに逃げれば見つけるのは難しいだろう。かといって、国際指名手配するほどの重大犯罪ではない。小向容疑者は09年2月に覚せい剤取締法違反で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受け、現在は猶予期間中。来年2月まで約1年ほど逃げれば猶予期間が終わるので、そこまで逃げる可能性もある」(週刊誌記者)

 何よりも小向容疑者の逃亡生活をサポートしていると思われる男性が何者なのかが気になるところだ。

【他にはこんな記事も!!】
【ドラマの見どころ!】一万人いてもいい!? 爽やかな江口洋介の校長先生。『スクール!!』
AKB前田敦子、板野友美は復活するも、今度は篠田麻里子が体調不良
【ドラマの見どころ!】マイホームなんかいらない! 結婚もしたくない! アラサー女が、やる気を無くすドラマ。『美しい隣人』



http://news.livedoor.com/article/detail/5338511/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


覚せい剤・
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110212-00000907-fnn-soci

いい気なもんですな!!
逃げてるだけならいいけど、海外で薬やったら
日本よりもっとやばいことになるよね

注目
ワイワイシーコンテンツ・セキュリティ
ニコニコメールの評価と特徴
ワイワイシー 口コミ 評価
ニコニコメール 評価 口コミ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。